トップ > 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY −−> ロンド・ギナ/ミナ・サハク

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」の登場人物

ロンド・ギナ/ミナ・サハク

読みろんど・さはく
登場作品機動戦士ガンダムSEED ASTRAY機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
C V飛田展男 勝生真沙子(ミナ)
主な搭乗機ガンダムアストレイ・ゴールドフレーム天(ミナ)、ガンダムアストレイ・ミラージュフレーム(ギナ)、ガンダムアストレイミラージュフレーム セカンドイシュー(ギナ)

【 説 明 】

  • 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
    •  オーブ連合首長国を束ねる5大氏族のうちサハク家の当主。年齢、果ては性別まで不詳と謎が多いが、対外戦争を起こさないオーブにあって、その「武」という暗部を一手に引き受ける人物であり、高い能力を持ったコーディネイターでもある。
       ヘリオポリスよりゴールドフレームを回収した後は、当機とともにオーブの理念による世界征服という野望のために暗躍する。が、ある一時を境にオーブの宇宙拠点「アメノミハシラ」に引きこもり、国を追われながらも自らを慕って集った多くのスタッフのために世界の行く末を見届けようとするようになった。
       実は男性・女性の二卵生双生児であり、男性側は「ギナ」、女性側は「ミナ」とセカンドネームがついている。が、この事実を知るものはごく僅かだ。

      ロンド・ギナ・サハク
       野心溢れるロンド・サハクの雄性体。目的のためなら手段を選ばず冷酷だが、時として熱くなり易い苛烈な性格も併せ持っている。結果的にそれが仇となり劾に討たれることになった。

      ロンド・ミナ・サハク
       野心を内に秘めたロンド・サハクの雌性体。同じように冷酷だが、機を見るに敏であり、悠然と構えていることが多い。当然なのだろうが、ギナに比べ物腰も幾分柔らかい。
    • 姉弟ともにウズミの政策を快く思っていなかったが、ギナの死後、残されたミナは「国とは民である」との答えに辿り着いた。
      後にミナは多くの者達に助けられて「天空の宣言」を世界中に宣言した。

【コメント】

  • 『DESTINY ASTRAY』ではカイトの男気に感服し微笑を見せた。どうも五大氏族の女性は外国の男性がお好きらしい。
  • 劾のブルーセカンドによってその命を絶たれたかに思われたが、ある兵器工場で謎のソキウスと共にその姿が確認された。その際、「ライブラリアン」という謎の言葉を発する。現在はその「ライブラリアン」という組織に協力しているものと思われる。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。