トップ > 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY −−> ジェス・リブル

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」の登場人物

ジェス・リブル

読みじぇす・りぶる
登場作品機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY
C Vうえだ ゆうじ
主な搭乗機アストレイ・アウトフレーム、レイスタ、アストレイアウトフレームD

【 説 明 】

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
    • フリーフォトジャーナリストでありレイスタ実用化した時期からMSに乗って取材し始めた。
    • 当初は、後見人であるマティアスからレイスタを借りていたが、ジェネシスαへ取材に赴いた際、劾のブルーフレームセカンドに中破させられてしまう。
      その後、ロウからアストレイアウトフレームを譲り受けた(8も一緒に)。
      そして、南アメリカ、ユーラシア、アーモリー1など、様々な場所で取材、撮影を行った。
      戦闘経験は無いが、真実を歪めようとする者に対しては戦う意志を見せる。しかし、切羽詰った局面でも戦わずに戦闘停止を呼びかけようとする(加えて、行動が危なっかしい)ので、戦闘に長けたカイト・マディガンがよく同行している。
    • ストーリーの後半ではイルド・ジョラールが乗るプロトセイバー+11を倒すほどに戦闘能力も上がっている。
  • 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY
    • ディアゴの紹介で、終盤からアキダリアに乗艦することになる。
      ディアゴ対ネロブリッツ戦では、ガンカメラを駆使して雲隠れするネロブリッツを追跡した。
      終盤では、拘束したエミリオ・ブロデリックやダナ・スニップ、マーシャンであるアグニス・ブラーエ、ザフトのオブザーバーであるアイザック・マウ達と共にファントムペインの研究施設に赴いたが、途中で2機のストライクEに襲撃された。
      だが、アナザーソード装備型を駆っていたエミリオがアナザーランチャー装備型を駆っていたダナを倒し、アグニス達と和解したのを見て、アグニス、セトナ、エミリオの3人のほのぼのした姿を写真に収めた。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。