トップ > ガンダムビルドファイターズ −−> ジムスナイパーK9

「ガンダムビルドファイターズ」の登場兵器

ジムスナイパーK9

読みじむすないぱーけーないん
登場作品ガンダムビルドファイターズ
型式番号RGM-79K9
主な搭乗者レナート兄弟

【 説 明 】

  • アルゼンチン代表のレナート兄弟が、世界大会決勝トーナメントで使用したガンプラ。
    ジム・スナイパー兇ベースとなっている。

    装甲や大型ビームスナイパーライフル、拳銃型のビームガン、ヒートナイフ等の装備を追加。
    これだけなら一般の改造ガンプラだが、それらと一線を画すのは、自律行動型4足歩行メカ
    「K9ドッグパック」を装備しているからだろう。ビームスナイパーライフルとバックパックで構成
    されるこれは、機体とは独立した行動が可能となっており、内部には、ジオン兵のフィギュア
    部隊、通称「ブラッド・ハウンド隊」を収容し、爆弾を仕掛ける等といった破壊工作が展開可能
    になっている。また、奥の手として、対ニュータイプ用戦闘システム「EXAMシステム」を搭載。機体性能を大きく向上させることが出来るようになっている。

    タイ代表ルワン・ダラーラのアビゴルバインに勝利し、続く第2戦で、メイジンカワグチと対峙。
    ブラッド・ハウンド隊やEXAMシステムを駆使し、メイジンをあと一歩のところまで追い詰める
    が、最後はガトリングガンで蜂の巣にされ、敗北した。

【コメント】

  • ドッグパックやブラッドハウンド隊など、犬にまつわる名称を使っていることから、恐らくK9という名前は英語のcanine(ケイナイン、イヌ科)から来ているものと考えられる
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。