トップ > 機動戦士ガンダムギレンの野望 −−> プロトタイプガンダムMk-II

「機動戦士ガンダムギレンの野望」の登場兵器

プロトタイプガンダムMk-II

読みぷろとたいぷがんだむまーくつー
登場作品機動戦士ガンダムギレンの野望ガンダムEXA
型式番号RX-178-X0
主な搭乗者プロト・ゼロ(ゼロ・ムラサメ)

【 説 明 】

  • デラーズ紛争の後、実質的に連邦軍を掌握したティターンズがフラッグシップとして開発した試作機。
    連邦軍のエリート集団として発足したティターンズにおいて、一年戦争における英雄的MS「ガンダム」の開発は、その活動の意義を内外に示すためにも必要不可欠の存在であったのだ。
    当機は、アナハイム・エレクトロニクス社が推進していた「ガンダム開発計画」を下地に、連邦軍各所の研究機関で熟成されていた技術をふんだんに詰め込む形で設計された。しかし、「ガンダム開発計画」を隠蔽する必要性が生じた(戦術核兵器を搭載したガンダムが連邦軍で開発されていた事、コロニー落としに連邦軍が一枚噛んでいた、というとても表沙汰には出来ないスキャンダル)他、ティターンズが「地球至上主義」を標榜する組織であるため、純粋なアースノイドのみで開発を成し遂げる必要があった事などから、計画をやり直す事になり、その結果制式機としてRX-178ガンダムMk-兇世に出ることになったのである。
    さて、こちらのプロトタイプはGPシリーズで実証された技術も詰め込まれているため基本性能に関しては文句なく高い。また、運動性においても並外れており、また試作型ビームライフルの装備により攻撃力の点においても格段の進化を遂げている。若干、装甲が犠牲になっている点も見受けられるが、まず間違いなく、当時の最高水準を全て満たしたMSといえるだろう。
  • コストパフォーマンスは最悪で、これ一機でペガサス級戦艦が数隻建造できたといわれる。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。