トップ > 機動戦士ガンダムReon −−> クィン・マンサ

「機動戦士ガンダムReon」の登場兵器

クィン・マンサ

読みくぃん・まんさ
登場作品機動戦士ガンダムZZ機動戦士ガンダムReon機動戦士ガンダムUC テスタメント機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
型式番号NZ-000
主な搭乗者プルツー、グレミー・トト、ダン・クルーガー、アンネローゼ・ローゼンハイン

【 説 明 】

  • ネオ・ジオン軍が自軍の象徴として開発したNT専用モビルスーツ。接収したサイコガンダム
    Mk-IIのデータやキュベレイ等で培われた技術を結集して製造された、NT専用MSの集大成
    ともいえる機体である。

    頭部・腕部・背部にはメガ粒子砲を備え、胸部には収束・と拡散の切り替えが可能な2連大型
    ハイ・メガ粒子砲を装備している。また、ファンネルコンテナを兼ねるテールバインダー内には
    30基ものファンネルが収納され、圧巻のオールレンジ攻撃を繰り出すことが可能。更には、
    Iフィールドジェネレーターも搭載し、最強の矛と盾を持っているといっても過言ではない性能
    を持つに至っている。

    秀でているのは武装面だけでなく、その鈍重な外観とは裏腹に機動力もトップクラス。また、
    サイコガンダムMk-II同様、頭部は緊急脱出艇として機能し、搭乗者の生存率を高めている。

    ネオ・ジオン内乱の際、グレミー率いる反乱軍が切り札として投入。パイロットのプルツーの
    力量もあって、ラビアン・ローズを撃沈し、Ζ及びガンダムMk-IIを行動不能に陥らせる程の
    力を発揮した。が、フルアーマーΖΖとの戦闘で、ジュドーの説得に応じたプルツーが機体
    を放棄した一瞬を突いてΖが放ったビームがコックピットを直撃。搭乗していたグレミーを
    道連れに爆散した。
  • グレミーの反乱後は、残党によって機体は改修されていた。
    宇宙世紀0090年には元マルコシアス隊の学徒兵であったアンネローゼ・ローゼンハインの乗機となり、かつての戦友であるヴィンセントの駆るギラ・ドーガや駆け付けたトラヴィス・カークランドのZ供△修靴涜燭の仲間を奪ったクロエのトーリスリッターと激戦を繰り広げた。
    機体は赤に彩られていて、マルコシアス隊の印である狼のエンブレムが刻まれている。

【コメント】

  • Gジェネでは常に最強の部類に入る。
  • 『ガンダムReon』に、連邦の鹵獲機として登場する。(相違点は額に連邦のマークが付いている)
  • なお、ジオン系列のMSにしては珍しいデュアル・アイである。
    というのも、もともとティターンズが開発したサイコガンダムMk−兇魏造したMSだからである。そのため連邦、ジオンの二つの技術が組み込まれたMSと言える。
  • 素敵(笑)な必殺技名に定評のあるガンダムトライエイジでの必殺技は「エンプレス・ドミネーション」。ドミネーション(制圧)はともかく女王(クィン)なのに女帝(エンプレス)ってどういうこっちゃねん。(ハマーンキュベレイが「クィーン」、Mk-兇「プリンセス」だからさらにその上って意味だろうけど)
  • MSに分類されているが、その仕様はほぼMAに近い。小型化されたクシャトリアは、この機動兵器としては扱いにくい機体をMSとして使えるようにしたものであるともいえる。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。