トップ > (機動戦士ガンダム)MS-X −−> アクトザク

「(機動戦士ガンダム)MS-X」の登場兵器

アクトザク

読みあくとざく
登場作品(機動戦士ガンダム)MS-X機動戦士Zガンダム機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
型式番号MS-11
主な搭乗者マレット・サンギーヌ

【 説 明 】

  • 一年戦争の末期、ジオン公国内において発動していた極秘兵器開発計画「ペズン計画」。その一環でMS-06ザク兇鬟戞璽垢忙邵遒気譴慎‖里任△襦
    機体出力の向上によりビーム兵器の携行が可能になっている他、連邦軍が先行して導入していた技術・マグネットコーティングが施され、とてつもない運動性能を手に入れた。制式量産機MS-14ゲルググをはるかに圧倒する能力を持つが、そのピーキーさゆえに並みの兵士では扱えないものとなってしまい、結局量産は見送られた。
    だが一年戦争終結後、ペズン計画は連邦軍に接収され、その連邦軍の主導で少数機が量産されている。
    パイロットは特に定まっていないが、せっかくなのでPS2ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のコミック版(画・夏元雅人)『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』にて当機に搭乗していたパイロットを併記した。
  • ザク兇鬟戞璽垢砲靴討い襪發里痢駆動系統を従来の流体パルスシステムから部分的にフィールドモーターに変更されていると思われる。流体パルスシステムにはマグネットコーティングが施せないからである。ちなみに名前の由来は「アクティブ・ザク」の略である。
  • この機体の形式番号「MS-11」は、本来ならばゲルググの形式番号となるはずだったのだが当のゲルググの開発が遅れこの形式番号はアクトザクの物となりゲルググには「MS-14」の型番が与えられることとなった。

【コメント】

  • 「Zガンダム」では、ロザミア・バダム中尉が駆るギャプランの支援機として登場した。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。