トップ >  −−> 王 留美

「ワ」から始まる登場人物

王 留美

読みわん・りゅーみん
登場作品機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)機動戦士ガンダム00F機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)
C V真堂圭
主な搭乗機トリニティ母艦、外宇宙航行母艦ソレスタルビーイング号

【 説 明 】

  • 機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)
    • 身長:152僉‖僚41圈〃豈娵拭A 誕生日:7月9日 年齢:17歳
      出身地:不明 本名:不明

      全世界に潜伏するソレスタルビーイングのシークレットエージェントの1人。

      表向きは世界の社交界で名を馳せる美少女セレブ。その豊富な資金力と人脈でガンダムマイスターの行動を影からサポートする。
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)
    • ソレスタルビーイングのエージェントにして、世界的に有名な王家の当主。
      本来は兄である紅龍が当主となる筈だったが、兄にその資格がないと判断され、なし崩し的に当主となった過去をもつ。
    • 「世界が変革されることで、望まぬ当主の座を引き継がされた自分の人生をやり直したい」
      という願望を持っており、CBへの協力を続ける一方、イノベイドとも協力関係を築いていた。
      だが、この歪んだ思いは実兄の紅龍を困惑させ保護したネーナの反感を呼ぶ事になった。

      リボンズからイノベイターにはなれないといわれた彼女は、ヴェーダの所在をCBにリークし、
      リボンズの計画を潰そうと考えたが、反旗を翻したネーナによって殺されることになった。

【コメント】

  • CBがリボンズ達を倒すことが出来たのは、刹那にヴェーダの所在を伝えたからである。
    つまり、留美の行動なくしてCBの勝利はなかったともいえる。
  • 動機が望みではなく否定、「こうありたい」ではなく「現状が嫌だ」で動いてしまった。作品では彼女一人に集約してるが、そういうふうに考えてしまう人間は多く、それが世界を悪い方に(本人が望まぬように)導いてしまうことも多いだろう。
    ファーストからセカンドでの彼女が不要にされるまでの展開は、「今が最悪ではない。なぜなら常に(我々が現状を拒絶するために選んだはずの)次が今より悪くなる可能性があるのだから」とでも言うべきかもしれない。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。